FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットサル フォーメーションの変化(システムの変化)を考察してみる2

フットサルフォーメーションの変化(システムの変化)を考察してみる2

またまた、フォーメーションを考察していきます。

前回の最後、ダイアの攻撃に対してダイア(マンツーゾーン併用)で応戦してみました。
ダイア(マンツーゾーン併用)なので基本ミス待ち。
図1
1-2-1vs1-3zorn

さらに戦略をすすめてみる。体力消費を抑えつつ限定的な攻撃しかさせない!&
あわよくば意図的にボールを奪取する。
図23-1vs2-2(ゾーン)
3-1vs2-2zornn
自分の勝手な想像ですが、この守り方はエイトを封じるために効果的なのではないか?
今なら"旋回"ヘドンドでしたっけ?すればいいとか有効な方法も思いつきますが
エイトしか持ってない、考えられないチームは泥沼になる可能性大。

エイトはPIVOが固定で後ろ3枚が中央を抜けていくボール回しからの攻撃パターンが基本。
ゾーンなので本々つられない、PIVOが機能しないように守り、さらに攻撃を限定してやらせる
ことで、攻撃展開しても数的優位が作りづらい。

図4 4-0vs2-2
kuantvs2-2.gif
PIVOも混ざってパス回しを行う。有名所では旋回。他にも沢山パターンがあると思いますが
BOXに対して有効的に数的有利な状況を作り出せる。ゾーンの弱点を突きやすい。
4人回しになってくると固定のポジションしか出来ないとか言ってられないですし出来ない
ようであれば導入は難しい。ローテーション中にPIVOがフィクソの位置にいることだって
ありえるパス回しなんですから。

出来るようになればPIVOを張らせるなど、柔軟に色々なパターンを考えることが出来る。

最終的には戦術固定!というより試合状況により使い分けられれば最高ですよね。



スポンサーサイト

テーマ : フットサル
ジャンル : スポーツ

tag : フットサル フォーメーション フットサル思考パターン ダイア ボックス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

イベリコ。

Author:イベリコ。
オーバー30の仲間入り。
これからもよりフットサルを
楽しむためのメモ帳ブログ。
ピヴォ当てシュート大好き+ばれすぎ
=全然うまくいかない。

だがそれがいい!

ランキングに参加しています
訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。