スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチングというスキルをトレーニングする(例)

●コーチングというスキルをトレーニングする

イベリコ。です。

コーチングには陥りやすい罠がある

なんて大げさにテーマを掲げてみました。

コーチングが出来る人は元からできる人、コーチングが好きな人
が勝手に行っているものなのか?


フットサルが上手い人しか言って話いけないものなのか?

という疑問が浮かんできたためです。



個人フットサルに参加してみたら、チームメイトが何もしゃべらない

クリニックに参加したが、スタッフのみがしゃべり他はしゃべらない

チームで練習をしていて、チームの核になるような選手はベッキから
コーチングするが、その他の選手が後になるとコーチングが来ない。


色々な所に参加してみて感じるのは、上手い選手は後ろ目ベッキに
よくいる(滞在する)という事実。

それ以外の選手は比較的前のポジションにいる(滞在する)という事実。


ここに陥りやすい罠があると考えます。


個人フットサルにしても、チーム練習にしても、一番上手い選手が後ろ(ベッキ)
に居てくれることはとても安心できます。

テクニックもあり、あまりボールも獲られないし的確なコーチングがまずまず飛ばしてくる


ですが、逆に考えてみると、


初級者やチームの前目のポジションが多苦なる選手は後方(アラ、ベッキ)
にいることが非常に少なくなり、コーチングをする機会さえない。

ということです。



今自分の目から見て上級者と思われる人やコーチングをしている人は


はじめから出来ていたわけではないはずです。


意識してコーチングをトレーニングしている人はあまり出会ったことがありません


今、無意識に臆することなくコーチングできている人は、コーチングしなければ
ならないエリアでのプレイが多かった。


そのため、他の人よりミスをしながらコーチングをトレーニングしてきた。


その結果、今現在のようにコーチングすることが出来ているのだと思います。


それではどのような方法があるのか?



初期トレーニング
●自分が後方(ベッキ)になった時、仲間にコーチングする。

スポーツにおける「コーチング」とは、自分のイメージしていることを、
プレーヤーに正確に伝えること。


なので伝えたプレーヤーとイメージが違うことを恐れない。
まずは仲間にイメージを伝えるという体験を何度もする。

失敗を繰り返しすぎたからと言って黙ってしまわないようにする。

個人フットサルもチーム練習も「トレーニングの時間」です

成功体験をしましょう。

●仲間に伝わらない場合は表現を変えてみる

コーチングしているが、仲間から反応が無い。なんて時もあると思います。

そういう時は、自分が前の選手でプレーしている時を思い出してください。

相手に伝わりやすい表現を心がけましょう。自分が判るからと言って
相手が判るわけではないからです。

●ゴレイロをやってみる

本職のゴレイロでない人がやるのがおすすめではないかと。

普通は嫌々ながらやっている場合が多いかもしれませんが意識を変えて
ゴールの前に立ってみる。

自分が一番後ろにいるので、シュートを打たれたくない。
ポジションが固定のため、フィールドにいる時よりも客観的に見ることが出来る。

コーチングすることによってボールに関与できない状態でもチームに関与することができる


この2つの方法でコーチングに慣れていってみてはどうでしょう?

















スポンサーサイト

テーマ : フットサル
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

イベリコ。

Author:イベリコ。
オーバー30の仲間入り。
これからもよりフットサルを
楽しむためのメモ帳ブログ。
ピヴォ当てシュート大好き+ばれすぎ
=全然うまくいかない。

だがそれがいい!

ランキングに参加しています
訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。