スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュート練習 ALA、PIVOチェンジ

練習に参加してきた

・ALA、PIVOチェンジからのシュート練習
・5対6の2タッチゲーム
・ゲーム

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
★ALA、PIVOチェンジからのシュート練習

図1
S-1-1

①FIXOからどちらかのALAにパス

 ALAトラップから前向く

②FIXOに返す&縦に抜ける

 FIXO裏パス狙う、キャンセル逆ALA

図2
S-1-2

③逆に展開を確認、ALA内に折れる
 PIVOは抜けたALAのスペースにフォロー

④ALA、ALAでPIVO当てシュート何種類か

図3
★ALA、PIVOチェンジからのシュート練習2
S-1-3

①同じ

②で立て抜けをそのまま中央フォロー
 PIVOはALAの空けたポジションの前の方でステイ

③深い位置取りのPIVOにパス
 
④シュート
 ALA抜け、ファー
 ファーフェイク、落としシュート

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
◆考察
PIVOの落しが上手くいってなかった。何故か?


体の向き、トラップする足がいつも一緒

など選択できるものが少ないからか


1.利き足でトラップの習慣

過半数は自分の利き足でトラップ、パスを行う。

別にそれが悪いということじゃなく弊害が出ることを理解する
図2のように右から中央に折れると左向きになる

S-1-2

左サイドからのパスをそのままキープに入った場合
左足キープがつつかれにくい。

左向きのまま右足でキープしようとすると、まぁ捕られやすい

右使うなってわけじゃなく工夫をする。
右足裏トラップでそのまま前にアタック
しっかりと背面又は右向きになるよう体を入れ替えてからボールをもらう。


出し手もその時間を待ってやるとか


練習中、ALAからのパスをダイレとか早くとか言ってたので
この姿勢を作るのはかなり難しい。

ちなみに左から中折れの場合はトラップが利き足で出来るため
いい形ができる。

解決策はトラップが上手くいく方を主体に行う

or

利き足じゃないほうの基礎練、飽きるほど。飽きないけど

2.PIVOで背負うってことを余り経験していない。
 
練習に参加していてPIVO練に当たるもの、特にキープの練習はほとんどないので

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ALA、PIVOチェンジの戦術(システム)

※このシステムのフラグを作らないといけない。
 じゃないと、ゲームで発動できない。



自分がチームに落とし込むなら


ALAからFIXOに返す時に、ALAとPIVOでコミュニケーションを取る

ALAが抜ける。空いた方にPIVOがフォロー

後列が選択


っでバランスが崩れず攻撃し続けられると。

前回の練習と合わせてPIVOのフォローの仕方は一緒
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

スポンサーサイト

テーマ : フットサル
ジャンル : スポーツ

tag : フットサル フットサル思考 フットサル効果的攻め方 トレーニング ピヴォ当て もらう動き システム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

イベリコ。

Author:イベリコ。
オーバー30の仲間入り。
これからもよりフットサルを
楽しむためのメモ帳ブログ。
ピヴォ当てシュート大好き+ばれすぎ
=全然うまくいかない。

だがそれがいい!

ランキングに参加しています
訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。